Wedding Magazineウエディング通信

結婚式全般結婚式の豆知識
【ゲストも大満足】どうする?結婚式の料理選び

【ゲストも大満足】どうする?結婚式の料理選び

113 views

今回は「料理」についてのお話をしようと思います。料理といえば、参加するゲストが一番と言っていいほど楽しみにしているものの一つですよね。また、結婚式自体の印象にも大きく関わってくるので、式場側としても非常に力を入れている部分ではないでしょうか?今回は、実際に結婚式を挙げたカップルの料理選びの実態と、お料理を選ぶ際のポイントをご紹介いたします。

 

やっぱり人気のフランス料理は全国的に1位

2016年に挙式披露宴を実施したカップルの調査によると、フランス料理は全国的に人気で、約半数の49%のカップルが選ばれています。また、首都圏に絞って見るとその割合はさらに高まり、56.2%の人気を誇っています。

カップルが選んだ婚礼料理第1位は?

出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2016年

 

フランス料理が選ばれている理由

現在は多くの結婚式場でフランス料理の選択が可能になっておりますよね。フランス料理が選ばれる割合が多い背景には、普段なかなか食べる機会がない料理、フランス料理=「特別な時に楽しむ料理」というイメージや、星付きなどでも知られている意味で、高級なイメージも浸透している部分があるようです。

一方で、「年配の方には慣れ親しんだ料理がいい。」というカップルの声もありますが、結婚式で振舞われるフランス料理は年々改良され、結婚式向けに(=多くのゲストに食べてもらえる)考えられ、あらかじめ作られるようになり、現在では年配の方に対する心配はほとんどなくなってきたのも選ばれている理由のようです。

 

 

フランス料理に続いて折衷料理が2位に

折衷料理(せっちゅう)も一定の人気があり、約3割のカップルに選ばれている結果に。折衷料理とは、様々な料理スタイルや食材、調理方法の良い部分を抜粋して作られる言わば、「いいとこどり」料理スタイルで、本人達はフレンチにしたいけど、両親や親族の意向を含めた内容にしなければならない時などにも選ばれます。

様々な要素の良い部分を取り上げて作られるコースなので、多くの人に平均点をもらえる安心感もメリットですね。

 

 

続いて和食

和食は3位という結果になりましたが、フランス料理や折衷料理の中に和のテイスト取り入れたり、和風の味付けをリクエストされたカップルもきっと多かったと思います。そう言った部分を含めるとやはり和食も人気が高いコースですが、完全なトラディショナルな和食を選ぶ割合は少ないようですね。

実際に本格的な和食を結婚式で用意できる式場の数自体も少ないという理由もあるようです。

 

 

イタリアン&中華

日本人の味覚に合う人気のイタリアンや中華でも、結婚式の料理としては選ばれる割合は少ないようです。日本の食卓でも目にするということは、それだけ日本人の舌に馴染みも深いく、このスタイルを選ばれた場合のリスクはあまり無いと言っていいでしょう。

むしろ、ポピュラーになりすぎてしまったため、「特別感」が欲しいと思う方もいるかもしれませんが、日常&家庭では味わえない「本格的なイタリアン&中華を結婚式で振る舞いたい」というこだわり層も。

 

 

お料理をチェックする際のポイント

式場選びの際には、会場の雰囲気や、施設の充実度などの他に、料理の味や評判もチェックしておきたいポイントですが、もう少し掘り下げてチェックをしてみましょう。具体的には以下の項目はチェックをしておきたいですね。

 

 

お料理のチェックポイント

アレルギー対応

結婚式場を探している段階で、当日振舞われる料理を楽しむゲストのアレルギーのことについて考えるのは難しいと思いますが、前もっと式場にはアレルギーの対応が可能かどうかだけは確認しておくと良いでしょう。

NG食材の対応

アレルギーではなく、「苦手な食材」というヤツです。せっかく参加いただくゲストには、苦手な食材で作られた料理は極力振る舞いたくはないですよね。NG食材はアレルギーとは違うので、式場のスタッフさんに、「アレルギーではなく、苦手な食材の変更あ可能かどうか?」は聞いてみましょう。

コースのカスタマイズは可能か?

カスタマイズ例ですが、例えば、フレンチのコースの中に親族や年配の方が安心するようなメニューを1品入れたり・・ちょっとしたカスタマイズが可能かどうかも確認をしておくと良いでしょう。

高齢者やお子様のメニュー対応

幅広いゲストに楽しんでもらうためには高齢者やお子様に対する対応も確認をしておくと良いです。

ここもチェック

事前にお料理の試食もしたし完璧・・・。と言いたいところですが、結婚式場を探している時期と、実際に結婚式を挙げる時期は数ヶ月から1年以上の開きがあるので、実際に振舞われるコースと、試食するコースには違いがあることを忘れずに。時期により食材も変わってくるので、試食で気に入ったメニューを実際の結婚式では用意できない場合があるかもしれません。

 

 

お料理の実演や提供方法も重要

お料理はコースだけではなく例えば、パーティが始まる前の時間に振舞われるウェルカムフードなど、結婚式のシーンづくりやパーティを楽しむ演出にも関わってくる非常に重要な要素です。ここでは、お料理に関する提供方法や演出の観点でご紹介していきたいと思います。

 

バーベキュー

料理演出|料理を楽しむ結婚式

ゲストハウススタイルの結婚式場の場合、施設を貸切いできるので、ガーデンでのバーベキューができる結婚式場も。そんな時はみんなでバーベキューというのも楽しむのもオススメ。前菜などはコーススタイルで一品ずつお皿に盛って提供をして、メインはみんなでバーベキューというのも動きのある結婚式ができそうですね。

 

ウェルカムフード・前菜ブッフェ

料理演出|料理を楽しむ結婚式

結婚式に参加をするゲストはお互い初めて出会う方同士が多いケースもありますが、最初の時間をブッフェスタイルにしてお互いの参列者を紹介しあったりするのも緊張感がとけてオススメ。食前酒と一緒に可愛いウェルカムフードで会話を弾ませて。

 

デザートブッフェ・スイーツブッフェ

料理演出|料理を楽しむ結婚式

特に女性の人気が高いデザートブッフェ。このスタイルの結婚式に参加をした経験のあるゲストも多いのではないでしょうか?お料理はゆっくり楽しんでもらい、デザートはカジュアルに楽しんでもらいたいという流れと、ちょっとずつ色んな種類を楽しめるデザートブッフェは定番の人気です。

 


いかがでしたでしょうか?お料理でチェックするポイントはたくさんありますね。ゲストの満足度を大きく左右するお料理で大満足の結婚式を叶えてくださいね

 

 

 

 

 

気になる式場リスト

最大10件の式場まで問い合わせ可能です。

リストの上限を越えました。
追加する場合は、他の式場を削除してください。

気になる式場リストで問い合わせる

閉じる