Wedding Magazineウエディング通信

PICK UP

これからの結婚式のスタイル ♡会費制結婚式♡

43 views
0

会費制の結婚式ってどんな結婚式?ご祝儀制の結婚式との違いは?

定番となりつつある、会費制の結婚式。

ゲストからご祝儀でなく会費を頂く会費制結婚式は、

ご祝儀制結婚式とは 全く違います。

結婚式のスタイルが全く違うからこそ、

新しい結婚式の形として注目されています(^^)/

 

そんな、会費制結婚式のスタイルをご紹介♪

~会費制結婚式の、特徴~

会費婚の特徴は、なんといっても

ゲストからご祝儀を頂かない事にあります。

お気持ちのご祝儀と違い、会費婚の場合には

明確な金額を提示して会費として頂戴します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためゲスト全員が同じ会費の金額を支払う事で、

全員が平等に楽しむ事が出来ると言えます。

また受付で会費の金額をそのまま頂くので、

ご祝儀袋を使用しないのも大きな特徴の一つですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご祝儀の額は、後々新郎新婦様もゲストの方に気を遣い

トラブルになってしまう事もある重大なポイントです。

しかし会費婚では、そんな金銭トラブルの心配は一切ありません。

これこそが、会費婚最大の特徴かもしれませんね。

~ご祝儀制と会費制結婚式の、支払い方法の違い~

ご祝儀制結婚式では、予め結婚式の総費用(総額)を

支払わなくてはならない場合がほとんどです。

その総額は300万円程のケースが多く、

結婚式当日に頂く事になるご祝儀は支払いへは反映されません

またご祝儀の額は、新郎新婦との関係性によって変わってくる為

ある程度の予測を立てる事しかできませんよね。

この様にご祝儀制結婚式は、ご祝儀額はあくまでも予測でしかなく

また、結婚式後にしかお祝儀の金額がわからない為

結婚式費用として当てにする事は出来ないのです。

 

 

会費婚の場合には、新郎新婦が支払う金額が予め決まっています。

ゲストから当日に頂く、会費の総額が明確な為

お2人のご準備金額が、出席の人数が確定した時点で明確になるのです (^^♪

 

事前にお2人のご準備金額を先に会場に支払をし、

その後結婚式当日に、ゲストから頂いた会費を会場へ支払えばOKなのです。

こうして新郎新婦が支払う金額が分かりやすく、

支出金額が予めしっかりと分かるのは有り難いですよね。

事前に新郎新婦が結婚式費用の総額を

会場に支払わなくても良い流れなので、

今までよりも気軽に、結婚式を挙げられるスタイルなのです。

~これからの結婚式のスタイル 会費婚~

会費制の結婚式では、新郎新婦が支払う金額が事前にはっきりと

明確になる所が、お祝儀制とは大きく違う所でなのです。

そしてゲストが支払う会費の金額も、予めしっかりと決まっているので
だからこそ、新郎新婦もゲストも比較的負担が少なくて済むんです。

不透明な結婚式のスタイルから、より明確な結婚式のスタイルへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

会費制の結婚式が叶う、都内結婚式場を沢山ご紹介させて頂いている

東京ウエディングコンシェルジュ

TWC 無料相談予約はこちら♪

 

様々なテイストの会場の中から、あなたにピタリの会場を

一緒にセレクト致します(^^)/

是非一度、お気軽にお越し下さいませ♪

TWC 公式ホームページTOP

気になる式場リスト

最大10件の式場まで問い合わせ可能です。

リストの上限を越えました。
追加する場合は、他の式場を削除してください。

気になる式場リストで問い合わせる

閉じる