Wedding Magazineウエディング通信

結婚式全般結婚式場の選び方

迷子にならない結婚式場の探し方♪

45 views
1

結婚式の希望を整理する

まずは、挙げたい結婚式の希望条件をお二人で整理しましょう。

(1)国内か海外か

結婚式を国内で行いたいか、海外で行いたいかを話し合いましょう。

最近では海外リゾートでの挙式が人気な上に国内で挙式を挙げるより費用が抑えられる場合もあります。

挙式を行うのは国内が良いか海外か良いかしっかりと話会いましょう。

 

(2)地域(場所)はどうするか

現所在地付近で行うのか、どちらかの出身地で行うのか、

会社関係の招待客が多いか親族が多いかによっても異なってきます。

結婚式を挙げたい憧れの場所がある場合は、そこも視野に入れて考えることができます。

 

(3)挙式のスタイルはどうするか

教会式、神前式、人前式等様々なスタイルの結婚式があります。

どの様な衣装を着て、どのような形式で挙式をあげたいか、お二人で話し合った上でスタイルを決めましょう。

ドレスでお式を行うスタイルか、和装でお式を行うスタイルか

着る衣装をイメージをしてみると、決めやすいと思いますよ。

 

(4)結婚式場の種類は?

お二人がどのような結婚式をどのような雰囲気で行いたいのかを話し合う必要があります。

結婚専門式場ホテルレストランなどがありますが、それぞれの特徴や雰囲気があり

お2人が重視したいポイントに沿って、会場の種類も選ぶと理想の結婚式場にぐっと近付きます。

 

(5)ゲストはどのくらい呼ぶか

ゲストはどのくらいの人数呼びたいのかを考えましょう。

親族のみの挙式にするか、親しい友人のみ呼ぶか、会社の方々まで含めて大勢呼ぶのかはお二人次第です。

ご招待人数によって、選ぶ会場や選べれる会場がかなり違ってきますので

ご人数の把握はとても大切なポイントになってきます。

 

(6)出せる費用はどのくらいか?

挙式にかけられる費用を考えましょう。お二人が出せる費用の計算式は下記の通りです。

例)ご祝儀(招待人数×3万円)+ご両親から期待できる援助金額+持ち出しできる金額

上記の通り、挙式の費用は、ご祝儀と、ご両親からの援助金、お二人の持ち出し金で支払いをします。

招待客の大まかな人数を元に計算してみましょう。

会場によっても、かなり価格帯の差がありますので

お2人のご予算に合った会場をセレクトする事も、とても大切になってきます。

 

(7)時期はどうするか?

挙式を挙げる時期を考えましょう。

ジューンブライドという言葉をよく耳にしたかもしれませんが、実は6月に結婚式は決して多い時期ではありません。

一番結婚式が多い時期のは春(3月〜5月)と秋(9月〜11月)です。

時期を決めた上で昼間にウェディングを行いたいか、夕方から挙式を行う、

夜景が綺麗でロマンチックなナイトウェディングを行いたいかも合わせて話し合いましょう。

 

7つの項目の希望を一度パートナーと話し合って書き出してみると

お2人の理想の結婚式のスタイルが自然と見えてくるはずです。

 

結婚式場探しをはじめたら、

【東京ウエディングコンシェルジュ】

まずは話を聞きに行ってみるだけでも、かなり勉強になるはず!!

気になる式場リスト

最大10件の式場まで問い合わせ可能です。

リストの上限を越えました。
追加する場合は、他の式場を削除してください。

気になる式場リストで問い合わせる

閉じる