ドレスを探す 結婚式場を探す

グランマニエPHILOSOPHYグランマニエの思想

PHILOSOPHY

グランマニエのウエディングドレス

「グランマニエが開く新たなウエディングドレスの世界」

イメージ

日本のウエディングドレス業界

グランマニエが誕生した1991年、ウエディングドレスに求められていたのは、数十回の貸し出しに耐えられる耐久性と着せ易さ、そしてメンテナンスの容易さでした。それは花嫁というよりも、ドレスを提供する側にとって理想のドレスと言えるものでした。そしてそれは現在も変わりありません。縫製やファスナー、コサージュやアクセサリーは、なによりも頑丈であることが優先され、ドレスの素材はポリエステル。どんなに美しくともデリケートなシルク素材が使われることはありません。

 

総シルクのオートクチュールドレスをレンタルで

私たちはヨーロッパの本当に美しいドレスを日本の花嫁に着て頂きたいと思いました。それは、一流デザイナーのアトリエで、熟練の職人たちにより大切に縫い上げられるオートクチュールのためのウエディングドレス。たった一度花嫁が袖を通すためにつくられる、この上なくデリケートで美しいシルクのドレスでした。本来、貸衣装では着ることが叶わなかった本物のオートクチュールのためのウエディングドレスをレンタルで提供したい、そんな私たちの想いが日本に新しいウエディングドレスの世界を広げました。

密やかに息づくシルクは花嫁を気品と優しさで包み、胸元にけなげに咲くコサージュは風に揺れ、空気を含んで優雅に揺れるスカートはまるで花嫁を慕う美しい蝶のよう。一枚一枚のドレスにデザイナーが我が子のように名前を付けて送り出す「作品」と呼べるウエディングドレス・・・。

 

そんなグランマニエのドレスが今日まで、本物を知る多くの花嫁たちに愛され続けてきました。