ドレスを探す 結婚式場を探す

グランマニエGRANMANIE STAFF BLOGスタッフブログ

グランマニエ東京銀座店・札幌本店のスタッフによるブログページ。
海外から届く最新ドレスのトレンドをはじめ、グランマニエスタッフのこだわりや、日常などをご紹介。
ドレスだけでなく、国内外のリゾートウエディングの情報や結婚式の情報をお届けいたします。

海外で結婚式に「お色直し」がない理由とは?

  • LINE
  • Google+
42 views

 

 

「お色直し」

新郎新婦が結婚披露宴の途中に中座し、衣装やコーディネートをチェンジすることです。

 

元々は和装の結婚式で、新婦が神聖さを象徴する白一色の白無垢から、相手の家に染まるという意味をこめて色打掛に衣装を着替えることを意味していました。しかし現代では、純白のウエディングドレスからカラードレスへ、和装から洋装へ・・・というように、広く衣装を着替えることをお色直しとしています。

また、衣装を変えずに、ヘアスタイルやアクセサリー、ブーケのみを変える場合もあります。お色直しはお披露目のひとつとして、花嫁が様々な衣装を着る注目の演出と言ってもいいかもしれませんね。

 

赤|お色直し|グランマニエのカラードレス

 

実はこの、「お色直し」海外ではあまりございません。

何故かというと、日本の結婚式で着るドレスの主流はレンタルですが、海外では、自分のサイズにぴったりのドレスを購入し、そのウエディングドレスで一日過ごすのです。

 

最近、日本でもオーダーのウエディングドレスが広まり、ゆったりと過ごされる方も増えてきております。 グランマニエではレンタルでありながら、シルクのオートクチュールドレスを花嫁様ぴったりのサイズにお直しさせていただきますので、まるでオーダードレスと同じような着心地で過ごしていただけます。

本物のオートクチュールに袖を通してみませんか?

 

 

 

 

記事一覧

ARCHIVES

過去記事一覧