ドレスを探す 結婚式場を探す

グランマニエGRANMANIE STAFF BLOGスタッフブログ

グランマニエ東京銀座店・札幌本店のスタッフによるブログページ。
海外から届く最新ドレスのトレンドをはじめ、グランマニエスタッフのこだわりや、日常などをご紹介。
ドレスだけでなく、国内外のリゾートウエディングの情報や結婚式の情報をお届けいたします。

ウエディングドレス・・・体型の悩みを解消するテクニックとは?

【ウエディングドレス】体型の悩み・不安を解消するテクニックとは?

  • LINE
  • Google+
2,048 views

 

憧れのドレス・・・体型の悩み・心配や不安は誰もが抱えている問題

 

憧れのウエディングドレスを着て、仲の良い友人や親戚、職場の皆様の前で最高の姿を披露するために結婚式を迎える前に必死にダイエットをする花嫁は多いもの。ですが、過度にダイエットをする事でお肌が荒れてしまったり、化粧のりが悪くなってしまったり、急なダイエットによるストレスが原因で肌トラブルに見舞われてしまう場合もあります。

 

健康的にダイエットをするのが一番の理想ですが、時間をかけていられない花嫁様のために今回は、体型の悩みで綺麗にドレスが着れるかどうか心配している花嫁の不安を解消する着こなしテクニックをご紹介したいと思います。

 

失敗しない花嫁づくりを目指して、気になっている部分の体型の心配・不安を解消!太って見えてしまう原因を魔法のようにカバーできる着こなし術をドレス選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

【その1】二の腕の太さを着こなしでカバーするテクニック

 

ブログ用_glori

 

ロングスリーブタイプのドレス

 

二の腕を気にされている花嫁は多いです。二の腕のお悩みを解消したい場合、袖のあるドレスをセレクトするのがオススメです。ですが、ウエディングドレスは「白=膨張色」ですので、普通に袖のあるドレスを選ぶだけでは余計に太って見えてしまうので、注意が必要。

 

 

袖付きのドレス(ロングスリーブタイプのドレス)を二の腕の悩みを解消しながらスマートに着こなすコツは、「袖はあっても長すぎる袖を選ばない」事がポイントです。どういう事かと言いますと、袖で隠すのは二の腕などの気になる部分だけにしておき、手首のような細い部分は隠さないというのがテクニックです。

 

 

ですから、袖付きのドレスを選ぶ場合は、袖の長さは半袖〜七分袖程度のものを選ぶようにすると良いです。手首まで隠れてしまう袖になってしまうと野暮ったく見えてしまい、逆に目立ってしまうのです。

 

 

 

このように、自分の身体のどこを見せて、どこを隠す(カバーする)のかによって、見た目の印象が大きく変わります。ウエディングドレスの「白」と言っても、黄色っぽい白や、青白い白までさまざまですが、基本的には「白」は膨張色なので、着こなし方をうまく活用しながらドレス選びをしたいですね。

 

 

 

 

 

【その2】顔が「大きい・丸い」首が「太い・短い」人向けのテクニック

 

胸元がV字ラインのドレス

ダイエットで体重を落としてスリムになれたとしても、元々持っている骨格や身体の特徴まではカバーしきれませんよね。そういった時には、写真のような胸元がV字にキレイに開いたドレスも体型の欠点をカバーしてくれます。

 

 

具体的には

 

顔が「大きい・丸い」

首が「太い・短い」

 

 

V字型に開いた胸元によって縦に伸びるラインが生まれる効果があるので、顔が「大きい・丸い」や、首が「太い・短い」花嫁をスマートに見せてくれる効果が期待できます。

 

この、縦長に伸びるVライン・・・1つ注意をしたい点は、

 

面長(顔の長い)の方は、余計に顔が長く見えてしまう(目立ってしまう)ので、面長の花嫁さんは、V字の開き具合が控えめなデザインのドレスを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

【その3】脇のお肉を撃退したい時に使うテクニック

 

ブログ用_cassidy

 

ビスチェタイプのドレス

 

上の写真のドレスのようなビスチェタイプのドレスはスッキリした印象を与えるので、人気があるドレスです。ですが、こういったタイプのドレスの着こなしで失敗してしまうのが、「脇のお肉がはみ出てしまう」という着こなしです。

 

この脇肉問題。実は痩せている人でも正しい着こなしができていない事で、肉が盛り上がって見えてしまうケースがあるのです。

 

 

モデルさんのような着こなしは合格。モデルさんは確かに痩せていますが、脇のお肉が出ない2つのテクニックが盛り込まれています。

 

それは以下の2つです。

 

 

1 姿勢が良い(猫背ではない)

2 ビスチェの高さ。

 

 

ポイントはこの2つです。1番目の姿勢ですが、猫背になってしまうと脇肉が自然と盛り上がってしまいます。ですが、姿勢を意識するだけでカバーができてしまいます。また、姿勢が悪い事で背中のお肉が乗っかってしまう事もあるので、普段から姿勢に気を使い、美しい姿を意識してみてください。

 

そして2番目のビスチェの高さですが、これは単純にビスチェの高さが低くなってしまうだけで、肉がはみ出てしまいます。ですから、ビスチェタイプのドレスを選ぶ際には、ビスチェの高さを気にしてみてください。

 

また、自分の体に合っていないインナーを身につけているだけで脇肉が生まれてしまう原因にもなるので、自分の体型に合ったインナーをチョイスするようにしましょう。

 

 

 

 

普通の下着とブライダルインナーは何が違うの?

 

上記のように、ブライダルインナー(下着)選びも美しい花嫁づくりの為には欠かせないアイテムです。ですが、普通の下着とブライダルインナーは何が違うの?という疑問を持たれている花嫁のために、通常の下着とブライダルインナーの違いにについても解説したいと思います。

通常の下着や補正下着と違い、ブライダルインナーはウエディングドレスやカラードレスを美しく、スタイル良く着こなすために作られた専用のインナーで、普段身につけている下着や補正下着とは以下が違います。

 

 

普段身につけている下着や補正下着は身体のラインを美しく保つのに対し、ブライダルインナーは、ドレスを着た姿が美しくなるように重視されたつくりになっている。

 

 

こんな違いがあるんですね。

 

ブライダルインナーは、特殊な立体裁断パターンを使用しているため、バストを形良く高い位置にキープし、ウエストを細く見せるためのヒップを作り、全体的にメリハリあるボディラインを作り出してくれます。

 

 

ウエディングドレスやカラードレスと言っても、素材やパターンは様々なうえ、ドレスそれぞれにこだわりや特徴があるので、通常の下着や補正下着よりも美しくドレスを着ることに重視をしたブライダルインナーにも気をつかいたいですね。

 

ウエディングドレス・・・体型の悩みを解消するテクニックとは?

 

 

【販売ドレス】細部までとにかくこだわりたい・・・自分の体型に合ったドレスを見つけるもう一つの方法

 

ここまでは、ドレスの着こなし方や選び方のテクニックをご紹介してきました。最後は、着こなしやドレスの選び方ではない、自分の体型に合ったドレスを見つける「もう一つの方法」をご紹介したいと思います。

 

それは、販売ドレス(セルドレス)を購入する事です。

 

ドレスを購入する・・・あまりイメージされていなかった花嫁様も多いかもしれませんが、販売ドレスですので、サイズの調整が自由ですので、徹底的に自分に合ったドレスに仕上げる事ができます。

 

ご興味があれば販売ドレス(セルドレス)のメリットについてをご覧ください。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?世の中には素敵なドレスは数多くありますし、ドレスショップに行けば着てみたいと思えるドレスに出会えるはずです。

 

 

 

でも、

 

「本当に私に似合うのかな?」

 

「変じゃないかな?」

 

 

と、心配をする気持ちを抱えている花嫁様は多いのではないでしょうか?

 

 

 

今回は比較的多くの花嫁が抱えるお悩みの解消方法についてご紹介いたしました。他のお悩みについても今後ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

【コスチュームサーチ】体型のお悩みをカバーできるドレスを探そう↓

 

ドレスライン、体型の悩み、会場の特徴からドレスを探す

 

 

 

 

Pick up こんな記事もオススメ♡

 

【バージンロードが持つ深い意味】過去〜現在〜未来を繋ぐ架け橋

 

【花嫁の疑問】ドレスの名前ってどうやって決まっているの?

 

【色が持つ深層心理】相手に与える印象が変わる?

 

【参加花嫁が投票!】銀座フロアショー人気ドレスランキングベスト3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧

ARCHIVES

過去記事一覧